外国為替証拠金取引(FX)とは


外国為替証拠金取引(FX)とは、少ない元手でその何倍もの金額を使って
為替取引ができる仕組みのことです。
元手のことを証拠金と呼び、証拠金と実際の取引金額との倍率のことを
レバレッジと呼びます。

例えば、証拠金10万円で、1万ドル(100万円(※1))を取引きする場合
レバレッジは、10倍ということになります。(※1)1ドル=100円で計算

レバレッジが大きくなるほど、小額で取引きできる金額が大きくなるため、
ハイリスク・ハイリターンの投資となります。

外国為替証拠金取引(FX)では、ハイリスク・ハイリターンの投資が可能ですが、
レバレッジを低く抑えることで、外貨預金と同等のリスクで取引することも可能です。

例えば、口座に100万円を入金しておき、そのうちの10万円で1万ドルを購入した場合は、、
100万円を証拠金として、1万ドルを購入するわけですから、 レバレッジ1倍の運用となります。
レバレッジ1倍では、通常の外貨預金と同等の為替差益リスクとなります。

では、レバレッジ1倍での運用で、どのようなメリットがあるかといいますと、
外貨を購入する際の手数料が、外国為替証拠金取引(FX)の場合、
外貨預金よりも安く設定されているという特徴があります。

外貨預金の場合、 大手都銀では、1ドル当たり1円
ネット銀行でも、1ドル当たり25銭が一般的です。

このように、外国為替証拠金取引(FX)とは、ハイリスク・ハイリターンな投資ができる反面、
通常の外貨預金と同様のリスクでの投資を、低コストでできるというメリットがあるのです。

また、外国為替証拠金取引(FX)では、外貨預金で利息にあたる
スワップ金利を受けられるという恩恵もあります。
スワップ金利は、取引会社によって金額が異なるので、
会社選びのポイントの1つと言えるでしょう。
スワップポイントで取引会社を比較