メキシコペソを取引できるFX業者をスプレッド、スワップで比較

目次


メキシコペソFX スプレッド、スワップで比較

メキシコペソを取り扱っているFX業者

政策金利が上昇していることで注目されているメキシコペソ/円を取り扱っているFX業者についてスプレッド、スワップポイントなどで比較しています。

(※) 全て1万通貨単位の金額になります。
(※) スプレッドは、
2019年7月15日時点
の金額です。
(※) スプレッドは、為替相場の状況により変化する場合があります。
(※) スワップポイントは、
2019年7月8日時点
の金額です。
業者名 スプレッド 買スワップ 売スワップ
外為どっとコム 0.3銭(原則固定)(※1) 12円 -22円
ヒロセ通商 (LION FX) 0.4銭(原則固定)(※2) 13円 -18円
マネーパートナーズ パートナーズFX 0.3銭(原則固定) (※3) 11円 -14円
マネーパートナーズ FX nano 1.0銭(原則固定) (※3) 12円 -13円
セントラル短資FXダイレクトプラス 0.3銭(原則固定)(※4) 15円 -15円
FXプライム byGMO 1.9銭(原則固定) 12円 -22円
みんなのFX 0.4銭(※4) 12円 -12円
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 0.4銭(※4) 12円 -12円
外為オンラインFX 0.6銭 6円 -14円
SBI証券 3.8銭 12円 -13円
GMOクリック証券「くりっく365」 0.623銭(※5) 13円 -13円
岡三オンライン証券「くりっく365」 0.623銭(※5) 13円 -13円
外為オンライン「くりっく365」 0.623銭(※5) 13円 -13円
(※1) コアタイム(AM9:00から翌AM3:00)で原則固定(例外あり)
(※2) コアタイム(AM9:00から翌AM2:00)で原則固定
(※3) コアタイム(AM10:00から翌AM5:00)で原則固定
(※4) コアタイム(AM8:00から翌AM5:00)で原則固定(例外あり)
(※5) 2019年6月1日から6月30日のスプレッド実績値の平均

メキシコペソ/円 スプレッドランキング

セントラル短資FXダイレクトプラス
0.3銭(※)AM8:00から翌AM5:00で原則固定(例外あり)

外為どっとコム
0.3銭(※)AM9:00から翌AM3:00で原則固定(例外あり)

パートナーズFX
0.3銭(※)AM10:00から翌AM5:00で原則固定

(※)スプレッドは、2019年7月15日時点の金額です。

メキシコペソ/円 買いスワップランキング




(※)スワップポイントは、10万通貨単位で2019年5月1日から5月31日まで運用した場合の合計金額です。

メキシコペソ/円 売りスワップランキング

GMOクリック証券「くりっく365」
-12.7円(※)買いスワップ:12.7円

岡三オンライン証券「くりっく365」
-12.7円(※)買いスワップ:12.7円

マネーパートナーズ パートナーズFX
-13.0円(※)買いスワップ:12.0円

(※)スワップポイントは、2019年6月10日時点の金額です。

メキシコペソFX 最低取引単位、必要証拠金

(※) 必要証拠金は、10万通貨単位での金額です。
(※) 必要証拠金は、2019年6月10日時点(メキシコペソ/円=5.67円)の金額です。
業者名 最低取引単位 必要証拠金
外為どっとコム 1000通貨 30,000円
ヒロセ通商 (LION FX) 1万通貨 60,000円
マネーパートナーズ パートナーズFX 1万通貨 40,000円
マネーパートナーズ FX nano 100通貨 100,000円
FXプライム byGMO 1000通貨 22,680円
みんなのFX 1000通貨 22,680円
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 1000通貨 22,680円
外為オンラインFX 1万通貨 22,700円
SBI証券 10万通貨 56,440円
GMOクリック証券「くりっく365」 10万通貨 22,750円
岡三オンライン証券「くりっく365」 10万通貨 22,750円
外為オンライン「くりっく365」 10万通貨 22,750円

セントラル短資

メキシコペソ/円のスプレッドが原則固定0.3銭と FX業者の中でも業界最狭水準のスプレッドを提示しています。

ただし、このスプレッドで取引できるのは、 AM 8:00〜翌日AM 5:00の時間帯となっているので、 それ以外の時間帯では、スプレッドが広がる可能性があります。

また、『市場の流動性低下時(国内外の休日、主要経済指標の発表時、天災地変、その他突発的事象の発生時)には、 一時的にスプレッドを上記記載値よりも拡大する場合があります。』という注釈があるように 適用時間帯でも必ず0.3銭のスプレッドが提示されているわけではないので注意が必要です。

スワップポイントについても業界最高水準の金額に設定されていて(2019年7月8日時点)、メキシコペソ/円の取引に最も力を入れているFX業者だと思います。

詳しい情報は、セントラル短資 (FXダイレクトプラス)の公式サイトでチェックしてください。

ヒロセ通商

メキシコペソ/円のスプレッドが原則固定0.4銭と FX業者の中でも低スプレッドを提示しています。

ただし、このスプレッドで取引できるのは、 AM 9:00〜翌日AM 2:00の時間帯となっているので、 それ以外の時間帯では、スプレッドが広がる可能性があります。

また、『流動性の低い時間帯や経済指標発表時等の例外的な事象、 さらに天変地異等の突発的な事象によっては、スプレッドが広がり、 約定結果が上記スプレッドと合致しない場合もあります。』という注釈があるように 適用時間帯でも必ず0.4銭のスプレッドが提示されているわけではないので注意が必要です。

公式サイトに、2019年5月1日〜5月31日 AM 9:00〜翌日AM 2:00での スプレッド配信実績が掲載されていますが、99.83%とあるので、 適用時間帯では、ほぼ0.4銭で取引できると考えて良いでしょう。

詳しい情報は、ヒロセ通商 (LION FX)の公式サイトでチェックしてください。

外為どっとコム

メキシコペソ/円のスプレッドは、 0.3銭原則固定(例外あり)と業界最狭水準のスプレッドを提示しています。

ただし、AM9:00から翌AM3:00で原則固定(例外あり)という条件があるため、それ以外の時間帯にスプレッドが広がる可能性があります。

情報サービスとして、メキシコペソ/円のファンダメンタルズ分析とテクニカル分析や、 主要経済指標の発表予定などが掲載されたウィークリーレポートが提供されています。 比較的情報が少ないマイナー通貨であるメキシコペソ/円をを取引する上で、 非常に役に立つのではと思います。

メキシコペソのレポートサンプル


メキシコペソ レポートサンプル

メキシコペソ/円のレポートサンプル等、詳しい情報は外為どっとコムの公式サイトでチェックしてください。

メキシコペソ政策金利

メキシコペソの政策金利は、2015年12月時点では3.00%とそれほど高い水準ではありませんでした。 しかしそこから徐々に利上げを初めて、2018年6月時点では7.50%まで上昇しています。 2018年2月に7.25%から7.50%に利上げしてから、しばら据え置きの状況が続いていましたが、 2018年11月から利上げが再開されて、2019年6月時点では、8.25%となっています。

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 8.25 - - - - - -
2018年 7.25 7.50 7.50 7.50 7.50 7.75 7.75 7.75 7.75 7.75 8.00 8.25
2017年 5.75 6.25 6.50 6.50 6.75 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.00 7.25
(※) 2019年6月10日時点でのメキシコペソの政策金利は、
8.25%
です。


メキシコペソ / 円のチャート[ 2017年7月〜2019年6月 ]

メキシコペソ円チャート

最新のチャートは、ここからYahoo Finance

メキシコペソ円は、2016年11月から2017年8月頃まで、上昇トレンドを継続していましたが、 2017年8月から2018年6月までは、下降トレンドへと転換しています。2018年6月以降でみると、5.7円から6.1円のレンジで推移しています。

メキシコペソの特徴

メキシコペソは、2019年4月1日時点での政策金利が8.25%と、非常に高い金利の通貨です。 高金利通貨として有名な、南アフリカランドが6.75%なので、その高さが分ると思います。 東京金融取引所が2017年8月31日に発表した国別の格付けでは、南アフリカの「BBB-」に対して、 メキシコは「A」と、国の信用度からみても、ランドに投資するようり有益な条件が整っているように思えます。 ちなみに、日本は「A+」になります。
また、メキシコペソ/円はFX取引に必要な取引保証金が少額だという特徴があります。 FX業者によって必要となる証拠金の金額は異なりますが、10万通貨の取引をする場合でも 2から3万円程度の金額で取引が可能です。(2019年7月15日時点)

FX投資シミュレーション

外為どっとコムにて、 5.50円でメキシコペソ/円の買いポジションを10万通貨(100Lot)購入後5.70円で決済した場合のシミュレーション。

(5.70円 − 5.50円)×10万通貨 =
20,000円の利益
となります。 またスプレッドが0.5銭(原則固定)のため、売買時に0.005円×10万通貨 =
500円の取引コスト
が必要になります。

(※)上記の利益については、保有期間に発生するスワップポイントを考慮していない概算値になります。

メキシコペソFX業者のキャンペーン情報

新規口座開設で、
最大102,000円のキャッシュバック
キャンペーン中です。 キャンペーン詳細はこちら

メキシコペソ/円のFXを始めるなら外為どっとコム