ポーランドズロチを取り扱っているFX業者を、手数料、スプレッド、スワップなどで比較

ポーランドズロチFX スプレッド、スワップで比較

ユーロ/円との相関性が高い通貨として注目されているポーランドズロチ/円を取り扱っているFX業者について、取引きコスト、スワップポイントなどで比較しています。

(※) 全て1万通貨単位の金額になります。
(※) スプレッドは、為替相場の状況により変化する場合があります。
(※) スワップポイントは、
2021年2月16日時点
の金額です。

業者名 スプレッド 買スワップ 売スワップ
みんなのFX 2.8銭(※1) -3円 3円
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 2.8銭(※1) -3円 3円
SBI FXトレード(1〜1000通貨) 2.79銭(※2) -1円 0円
SBI FXトレード(1001〜100万通貨) 4.8〜10.2銭 -1円 0円
ヒロセ通商 (LION FX) 5.7銭〜10.2銭(※3) -1.2円 -1.8円
岡三オンライン証券「くりっく365」 3銭〜 -4円 4円
外為オンライン「くりっく365」 3銭〜 -4円 4円
(※1) コアタイム(AM8:00から翌AM5:00)で原則固定(例外あり)
(※2) 原則固定(例外あり)
(※3) 取引可能時間は、日本時間の16:00から25:00まで

ポーランドズロチFX 通貨ペア、最低取引単位

業者名 通貨ペア 最低取引単位
みんなのFX 27ペア 1,000通貨
トレイダーズ証券(LIGHT FX) 27ペア 1,000通貨
SBI FXトレード 34ペア 1通貨
ヒロセ通商 (LION FX) 50ペア 1,000通貨
岡三オンライン証券「くりっく365」 25ペア 1万通貨
外為オンライン「くりっく365」 25ペア 1万通貨

ヒロセ通商 LION FX

ポーランドズロチ/円のスプレッドは5.5銭から6.1銭と変動制になっています。

また、ヒロセ通商でポーランドズロチ/円が取引できるのは 16:00〜25:00の時間帯のみとなっているので、取引する際には注意が必要です。

スワップポイントについても、他の業者と比べて非常に低い値で提供されているので、 今のところヒロセ通商 (LION FX)で、ポーランドズロチ/円の取引をするメリットはないと思います。

詳しい情報は、ヒロセ通商 (LION FX)の公式サイトでチェックしてください。

ポーランドズロチ政策金利

ポーランドズロチの政策金利は、2005年頃では6.50%と高い水準でした。 そこから徐々に利下げを初めて、2015年以降は1.50%で据え置きされていましたが、 2020年3月から徐々に利下げとなり、2020年5月から0.1%で据え置きされています。

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1.50 1.50 1.00 0.50 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10 0.10
2019年 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50 1.50
(※) 2020年12月1日時点でのポーランドズロチの政策金利は、
0.1%
です。


ポーランドズロチの特徴

ポーランドは、2004年にEUに加盟していますが、それ以降もユーロではなく、独自通貨であるポーランドズロチを使用しています。ポーランドの好調で2008年の欧州債務危機以降もプラス成長を維持している国です。ポーランドズロチの一番の特徴としては、ユーロとの相関関係が非常に高いところです。ユーロ圏との関係が非常に高いために、ユーロ円と非常によく似た動きを見せるのが特徴です。