韓国ウォンを取引できるFX業者を、スプレッド、スワップで比較

韓国ウォン スプレッド、スワップで比較

韓国ウォン/円のスプレッドが業界最狭水準のFX業者

韓国ウォンを取り扱っているFX業者、くりっく365業者について、取引きコスト、スワップポイントなどで比較しています。
(注)くりっく365業者については、2013年11月28日をもって、韓国ウォン/円が、当面の間取扱い休止となりました。

(※) 全て
1万通貨単位の金額
になります。
(※) スプレッドは、
2019年10月19日時点
で業者が発表している金額です。
(※) スプレッドは、為替相場の状況により変化する場合があります。
(※) スワップポイントは、
2019年10月19日時点
で業者が発表している金額です。

業者名 スプレッド 買スワップ 売スワップ
SBI FXトレード(※1) 1000通貨まで 3.3銭(※3) 7円 -12円
SBI FXトレード(※1) 1001〜100万通貨まで 3.3銭〜7.8銭(※4) 7円 -12円
SBI FXトレード(※1) 100万1〜1000万通貨まで 3.8銭〜7.8銭(※4) 7円 -12円
SBI証券 FXα(※2) 5.8銭 7円 -12円
GMOクリック証券【くりっく365】
(※1)韓国ウォン/円は100通貨のレート表示を行い、1取引単位は100ウォン
(※2)1取引単位は、1,000万ウォン
(※3)原則固定(例外あり)
(※4)スプレッドの配信実績:3.30銭(配信実績 97.57%)、7.80銭(配信実績 2.43%)※期間:2019年8月1日(木)6時00分〜2019年8月31日(土)5時30分。

韓国ウォン スプレッド配信実績

(※)詳しくはSBI FXトレードのホームページをご確認ください。

SBI FXトレード

業界最狭水準のスプレッドを提供しているFX業者で、韓国ウォン/円のスプレッドも原則固定3.3銭(※1)と他の業者と比べて最狭水準となっています。そもそも韓国ウォン/円で取引できるFX業者がほとんどないこともあり、現時点ではSBI FXトレードが唯一オススメできる業者になります。

(※1)原則固定(例外あり)。1000通貨までの取引の場合です。 1,001通貨から1,000万通貨までの注文については、スプレッド変動制となります。 詳しくはSBI FXトレードのホームページをご確認ください。

SBI FXトレードで取引する最大のメリットとしては、1通貨単位から取引ができるところですが、韓国ウォン/円は100通貨単位での取引(※2)となります。少ない金額(必要保証金)で韓国ウォン/円を取引できるので、少額で取引を始めたい人にはオススメのFX業者だと思います。

(※2)SBI FXトレードの取引画面では、1ウォン = 0.100823円の場合、レートの表示は100通貨のレート表示になり、10.0823円と表示されます。

詳しい情報は、SBI FXトレードの公式サイトでチェックしてください。

韓国ウォン / 円のチャート[ 2018年8月〜2019年8月 ]

韓国ウォン円チャート

最新のチャートは、ここから楽天証券

韓国ウォン円は、定期的に急落する傾向がある通貨ペアです。 最近では、2019年4月から5月にかけて0.099円から0.091円近くまで急落しています。 1通貨単位では把握し難い数値ですが、1000通貨単位で考えると、 99円から91円まで下落したことになります。2019年8月に1ウォン = 0.090円のラインを一気に割り込む急落がおこり、 その後は、0.086円から0.088円のレンジで推移している状況です。このレンジ相場がいつまで続くのか分かりませんが、 0.086円のラインを割り込むようであれば、一気に急落する可能性があると思います。 現在の韓国経済の状況を考えても、今後も引き続き韓国ウォンの急落には注意する必要があります。

韓国ウォンFX業者のキャンペーン情報

新規口座開設+対象期間内にログインするともれなく500円が入金されるキャンペーン実施中!!

キャンペーンの適用を受けるには、FX取引の口座開設が完了後(※1)、翌月の10日6時00分までに取引口座へログインを完了する必要があります。 (※1)ご登録のメールアドレスへ「口座開設完了メール」が届いた日が口座開設日となります。

詳しい情報は、SBI FXトレードの公式サイトでチェックしてください。