人民元に注目

切り上げ問題で注目されている人民元/円を取り扱っているFX業者について、 取引手数料、スプレッド、スワップポイント、最小取引単位などで比較しています。
(注)くりっく365業者については、2013年11月28日をもって人民元/円の取扱いが当面の間休止となりました。

[PR] 人民元/円を取り扱っているFX業者 SBI FXトレード

  • 業界最狭水準のスプレッド。人民元/円のスプレッドは、2.58pips
  • 1通貨単位から取引が可能。1000通貨、1万通貨の取引もOK!
  • 対円通貨については、4桁のレート表示
業界最狭水準のスプレッドで取引するなら『SBI FXトレード』
  • スプレッドは、
    2016年12月13日時点
    で業者が発表している金額です。
  • スプレッドは、為替相場の状況により変化する場合があります。
  • スワップポイントは、1万通貨での金額です。
  • スワップポイントは、
    2015年9月8日時点
    の金額です。
  • くりっく365業者の場合、スプレッド、スワップ、必要保証金は、業者によって違いはありません。

取扱い業者 手数料 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位 備考
外為どっとコム(※1) 0円 2.00銭 0円 -10円 1,000通貨 スプレッドは原則固定(例外あり)
セントラル短資FX(※1)) 0円 1.90銭 5円 -12円 1万通貨 必要保証金は取引金額の10%
SBI FXトレード(※1) 0円 2.58銭 1円 -4円 1通貨
外貨ex (※1) 0円 3.00銭 35円 -36円 1万通貨
IG証券 0円 10万通貨
GMOクリック証券【くりっく365】 0円 10万通貨 くりっく365業者
(注)外貨exのスワップポイントは、プラスになる場合とマイナスになる場合が混合しているので、日々のスワップポイントの変動については、公式サイトにて確認してください。
YJFX!トップ > マーケット情報 > スワップカレンダー にてスワップポイントの履歴を確認できます。

(※1) 外為どっとコムセントラル短資FXSBI FXトレード外貨ex で取り扱っている人民元は、オフショア人民元(CNH)です。 オフショア人民元(CNH)とは、中国本土外で取引される人民元のひとつです。 くりっく365で取り扱っている人民元(CNY)は、中国本土でのみ取引可能なオンショア人民元です。

人民元/米ドルチャート[ 2009年1月 〜 2013年6月 ]

対米ドルでの人民元の切上げにより、2010年6月ごろから上昇トレンドが継続中。
人民元/米ドル
最新のチャートは、ここからYahoo Finance

人民元/円チャート[ 2009年1月 〜 2013年6月 ]

人民元/円については、円安円高まちまちの動きが続いていましたが、 2012年8月からアベノミクス効果により円安トレンドが継続しています。
人民元/円
最新のチャートは、ここからYahoo Finance

FX投資シミュレーション1 ]

GMOクリック証券【くりっく365】で、 人民元/円の買いポジションを
12.00円で10万通貨購入後、14.00円で決済した場合、

必要証拠金は、55,000円(2013年1月9日時点)で
利益は、(14.00−12.00)×100,000通貨=20万円 となります。

(※)上記の利益については、手数料、スプレッド、保有期間に発生するスワップポイントを考慮していないため概算値になります。 GMOクリック証券【くりっく365】